• いまさら聞けない!「分煙」と「禁煙」の違いとは?

  • 公開日:2024/06/15  


分煙と禁煙という言葉、職場や飲食店などでよく見かけませんか。なんとなく意味は分かっているけど、実は明確な違いを知らない人も多いかもしれません。本記事では、分煙と禁煙の違いについて詳しく解説していきます。それぞれの意味や、分煙を行う際の注意点、おすすめの対策などについても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

分煙と禁煙の違いとは?

喫煙場所の表示には、「分煙」と「禁煙」という表示がよく見られます。この2つの表示の違いを明確に説明することは、実際には難しいかもしれませんね。今回は、その違いを詳しく解説します。

分煙と禁煙の違い

分煙は、決められた場所でのみ喫煙が許可されている状態を指します。つまり、喫煙者はその場所でのみ喫煙が可能であり、他の場所では禁煙です。

一方、禁煙は、全面的に喫煙が禁止されている状態を指します。禁煙の場所では、どこでも喫煙ができないようになっています。

分煙と禁煙の違いを理解する

分煙と禁煙の違いは、喫煙が可能な場所の有無にあります。分煙では、喫煙者と非喫煙者が共存するために、特定の喫煙場所を設けることが一般的です。

一方、禁煙では、喫煙が全面的に禁止されているため、喫煙場所は設けられていません。

分煙と禁煙のメリットとデメリット

分煙のメリットは、喫煙者と非喫煙者が共存できることであり、喫煙者は特定の場所で喫煙を楽しむことができます。一方、禁煙のメリットは、受動喫煙を防ぐことができることです。

しかし、分煙では、喫煙場所の管理や周囲への影響などが課題となる場合があります。

分煙は十分な対策が必要

近年、受動喫煙防止対策として、多くの職場や飲食店で分煙が導入されています。しかし、単に分煙を導入するだけでは十分ではありません。喫煙者と非喫煙者がそれぞれ快適に過ごせるよう、十分な対策が必要となります。

分煙を行う上で最も重要なポイントは、喫煙専用室の設置です。単に喫煙スペースを設けるだけでなく、技術的な基準をクリアした、独立した空間を構築する必要があります。

具体的には、構造が他の空間から完全に隔離されていること、十分な換気設備が設置され、煙を室外へ排出できること、火災発生時に迅速な消火活動が行えるよう、防火設備を備えていること、喫煙者数に適した広さを確保すること、非喫煙者が煙や臭いを浴びないように、動線を明確にすることです。

これらの条件を満たすためには、専門業者の指導を受けることが重要です。喫煙専用室には、十分な換気設備を設置する必要があります。換気設備は、煙や臭いを室外へ排出することで、非喫煙者が快適に過ごせる環境を作ることができます。

具体的な換気設備の選定基準は、喫煙者数や室内の広さに応じた風量を確保すること、煙や臭いを効率的に除去できるフィルターを使用すること、運転音による騒音を抑えることです。

喫煙専用室を設置し、換気設備を備えたとしても、喫煙ルールの徹底がなければ、分煙の効果は十分に得られません。

喫煙者には、指定された喫煙場所でのみ喫煙すること、決められた方法で喫煙すること、周囲に迷惑をかけないよう、マナーを守ることを徹底する必要があります。喫煙ルールは、書面にして掲示するなど、分かりやすく周知徹底することが重要です。

また、定期的な教育を行うことも有効です。

分煙は専門業者に相談するのがおすすめ

近年、受動喫煙防止対策として、多くの職場や飲食店で分煙が導入されています。しかし、分煙を導入するだけでは十分ではありません。喫煙者と非喫煙者がそれぞれ快適に過ごせるよう、専門業者に相談し、最適な分煙プランを策定することが重要です。専門業者に相談するメリットは、大きく3つあります。

まず、豊富な経験と知識を持っているため、施設の状況や要望に合わせて最適なプランを提案してくれます。また、高品質な設備・施工を行い、安全で快適な環境を実現できます。

さらに、ワンストップで対応するため、手間を省くことができます。専門業者に相談する際には、施設の状況や要望、予算などを明確に伝えることが重要です。施設の状況に合わせて最適なプランを提案してもらいましょう。信頼できる業者を選ぶためには、実績や評判、対応エリアなどを比較検討することが大切です。

分煙は、喫煙者と非喫煙者が共存できる環境を作るための重要な対策です。専門業者に相談して、最適な分煙プランを策定し、快適な環境を実現しましょう。

まとめ

分煙と禁煙の違いについて解説しました。分煙は喫煙が許可された場所と禁煙が全面的に禁止された場所が明確に区別される状態を指し、禁煙は全面的に喫煙が禁止される状態を指します。分煙を導入する際には、十分な対策が必要であり、喫煙専用室の設置や換気設備の整備が重要です。

また、専門業者に相談することで、最適な分煙プランを策定し、快適な環境を実現することができます。信頼できる業者を選ぶためには、実績や評判、対応エリアなどを比較検討することが重要です。分煙は喫煙者と非喫煙者が共存できる環境を作るための重要な対策であり、専門業者に相談して最適なプランを策定しましょう。

喫煙ブース!おすすめランキング比較表

イメージ No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6
会社名スモーククリア(㈱エルゴジャパン)スモークポイント(㈱Fujitaka)クリーンエア(クリーンエア・スカンジナビア㈱)トルネックス(㈱トルネックス)ワンパス(JGコーポレーション)プラズマダッシュ(日鉄鉱業㈱)
特徴高性能で快適な空間! リーズナブルに導入できる北欧独特のスタイリッシュさを大切にした筐体デザインタバコの煙と臭いを完全に除去し、快適な空気環境を提供コンパクトで低価格な1人用ブースもあり柔軟なレイアウトが可能プラズマ脱臭技術を搭載
性能境界面風速:0.2~0.3m/s、浮遊粉じん:0~0.006mg/m³、TVOC除去率:99%以上揮発性有機化合物(TVOC)の除去率95%以上、廃棄粉じん量は0.015mg/㎥まで除去捕集が困難とされるタバコ粒子をほぼ100%捕集厚生労働省の分煙効果判定基準や、神奈川県受動喫煙防止条例などの法令基準にも配慮した設計無段階変速ファンを利用し、フィルターやダクトの汚れによる機内外の圧力損失に追従できる性能処理した空気を屋内(喫煙空間外)へ排気可能。本体が空気浄化と排気機構を兼ねている
費用 レンタルプラン初期費用0円/月額3万9,800円(税込4万3,780円)~
販売価格はお問合せ
レンタルプラン 月額7万円~利用人数に応じて提案オープン価格未掲載プラズマダッシュシグマ本体価格(参考):165万円(運搬・設置費別)
メンテナンスフィルター交換、出張修理サービス、一般清掃
※買取プランの場合
フィルターメンテナンスありサービス・スタッフが空気浄化フィルターと、タバコの吸殻を定期的に点検・交換メンテナンス契約によって定期メンテナンスあり衛生管理のプロ『サニクリーン』が、定期的に空気浄化フィルターの交換不明
お問い合わせ電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォームメールフォーム
詳細リンク公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る

おすすめ関連記事